Sekiro ボスの感想 続き

Sekiro

葦名 弦一郎

初見で結構絶望感を抱いた。

人型に限った話ではないけど相手のモーション見極めって大事。

アクションゲーム苦手な人は多分だけど自キャラだけを見ているからだと思う。
レースゲー苦手な人も目の前しか見ていないからだと思う。

セキロの場合も相手キャラを見ながらプレイするのが上達するための一つの要素。
レースゲーも自車ではなくコースの先を見るのが上達のコツ。
実際の車でも目の前ではなく先のほうを見ろって言われるもんね。

弦一郎は危攻撃で突き、下段、投げと使い分けてくる。

突きのモーションは一度剣を引かないといけんので
見慣れたら分かるはず。
あとキラーンって光るかな。

下段と投げは見分けづらいよね。

投げは滅多にやってこないので剣を引いていなかったら
下段とみなしてジャンプしてしまうのが良い。

見分け方あると思うけどまだそこまで考察してない。

まあそんなこんなで弦一郎はコンボや流派技などなど
スト2でいうリュウみたいな正統派なので戦っていて気持ちがいい。

今は4周目の序盤を始めたばかりなので実績コンプが終わったら
各ボスとじっくりと組み手をしたいもんです。

ただ毎日連続でプレイできるほどタフではなくなったw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください