GoW4 – まさかの逆転劇

ギアーズオブウォー4

キャンペーン終わったら4普通に終わりにするつもりでしたガッ!

どうせなら最後にホードをやってみますかということで
ライトホード25カジュアルをやってみた。

ホードとは?

【敵がたくさん来るのでみんなでやっつけよう!】

通常のホードで1-50ウェーブまである。
ライトだと1-25まで。

通常は10ウェーブ毎にボス的キャラが出現
ライトは5ウェーブ毎

人数は最大5人
クラスが5種類あってそれぞれ役割が異なってくる。

だいたいこんな感じ。

で、実際遊んでみた。

1-25ウェーブでソルジャーを選択
無難そうだったしアサルトライフルが一番使い慣れているからね。

結果は途中でにっちもさっちもいかなくなって解散

この時点で俺氏役割の認識なし。

2回目もソルジャーで出陣
役割理解してなかったけどパワーっていう通貨みたいなのは
スカウトが取るんだぞってチャットで教えてもらった。英語で。

ここでホードについて調べて役割をある程度理解

そしてエンジニアデビューである。

エンジニアは防衛施設やセントリー、タレットなどを購入して設置する人
クラスには取り外し可能なスキルがあってエンジニアは施設設置に役立つスキルが多い。

エンジニアで被った際はヘビーで出撃
ヘビーは重火器や爆薬、爆弾などを使ってタフなモブを率先してぬっ殺す人

ある程度役回りを理解してからエンジニアにとってスカウトの大切さを知る。

スカウトはウェーブ中にパワーを回収すると通常の倍の量で回収ができる。
回収したパワーはファブリケーターという箱にタッチすれば入金出来る。

そしてスカウトには入金時割増しにできるスキルがある。

これがパワーを拾うのはスカウトにした方が良い理由です。

お判りでしょうがこの時点でどっぷりとハマってます。
やめるつもりがまさかの大逆転ですよ。

個人技が好きな俺が協力プレイにハマることは今後ないだろうと思っていたけど
役割分担をして協力していくのはEQ2のグループプレイに通じる楽しさがある。

もちろん最低限の理解力ってのが必要だし
システム的にホードのクラスについてのチュートリアルってのがあっても良いと思った。
パワーはなるべくスカウトに取らせるようにってのと次のウェーブが始まると
ドロップしてあるパワーは消えてしまうのでウェーブ開始前に残っていたら拾ってしまおうとか。

発売から1年半以上が経過したけどカジュアルとノーマルで普通にマッチングできています。
ハードとインセーンはクラスレベルが低いのでチャレンジする勇気はないです。

そして例によって器用貧乏っぷりというか飽き性というか
スナイパー以外の全クラスをやる気満々である。

とりあえず今はスカウトとエンジニアが面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください