Sekiro 2周目突乳

せきろ

怨嗟の鬼も倒した。
そんなに楽しい相手ではないね。

2周目も中ボスクラスは作業感が否めない。

取りこぼしを回収しつつ実績のために宝鯉の鱗を探したり
金を集めては忍具の強化に使ったりとか。

スキルポイントマラソンも面倒なんでやってない。

4周までするつもりだからつもりだからつもりだから~んら~んら~ん・・・(フェイドアウト

今は人返りエンドを目指していて義父梟の前の前にきたところ。

通過してきたボスは弦一郎以外はそんなに面白くはなかったな。

お蝶夫人は長期戦になると飛び道具を避け損ねて
じんわり削られていくので短期決戦が良さげ。

達成感は少なめ。

こいつの第2段階は敵じゃないんだけど1段階目が苦手。
ムーブを覚えていないのもあったけどかなり苦戦した。

最終的に攻略動画見て勉強して挑んだw

これの後に首無し猿へ行って一発クリア

2匹同時って厄介だけど適当に距離とって怯みを取って
爆竹と攻撃バフで2匹目をぬっ殺して首無し猿を処理。

次が梟だったかな。

やや苦戦したけど普通にクリア。
その次の幻影破戒僧に苦労した。

破戒僧はあんまり面白くないな。

やはり弦一郎と剣聖が神がかっている面白さですよ。

炎上

伊藤忠商事が炎上…産休・育休で復職した女性社員に対し「休暇取った分は確実に同期から遅れを取っている」「総務とか経理にしたら?」と肩たたき:ハムスター速報

ヤフーニュースやハム速のコメントを追っていたけど
「遅れ」という部分に反応しているのは高確率でアレな人だよな。

遅れと言われてギャーギャー騒いでいるのは
3年半もの間頑張ってきた人たちの気持ちは無視で良いのか?

結局ガイアと伊藤忠が世間の耳目を集めてニンマリとしているのではないかね。

一応この前後のお話があるからそれらを全部見たうえで判断したほうが良い。

前回から~から~の

SEKIRO

最後の剣聖を倒してからお残しの中ボス連中撃破と
数珠のお残しを集めてた。

怨嗟の鬼は何度か挑んだけど腰を据えて挑まないとダメそうです。

しかしながら職場で人の入れ替わりがあって
ついでに重たい案件がいくつか発生して精神が削られまくっていた。

そのせいでただでさえ気力が必要なゲームなのに
帰宅しても気力が回復せずに進捗が止まっていると感じになっています。

ついでに飲み案件も多かったw

全ボスを倒したいので怨嗟の鬼が終わったら2周目に入って
違うエンドを目指したいところだけど気苦労が続くとどうかな~

確か全ボスは3周しないといけんかったかな?

働き方改革できてないよー

十年早いんだよッ!

とりあえず1周目クリアした。

拝み連拳ばっか使ってて気分はVFアキラですよ。
オラオラオラァッ!

怨嗟の鬼を倒して、重要なアイテム類を回収してから2周目かな。

拝み連拳最高です。

読者レビュー/SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE[PC] – 4Gamer.net

Amazon | SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE – PS4 | ゲームソフト

難しくて低評価を付ける気持ちは分からないでもないが、
多くの文章がお前が悪いみたいに書かれているね。

まあ確かに最初の野太刀相手でメッチャ苦戦して
先が思いやられるって思ったし、赤鬼で何度もつかまれて
ボコスカ殴られて泣きそうになったけど
侍大将的な連中はモーションへ慣れるまでの時間の問題だったし
赤鬼のつかみも実はタイミング合わせてジャンプすれば良いだけだった。

上記以外にも対応方法っていくつか存在していて
要するにそれらに気付けるかどうかの問題ではないかと思っている。

フロムのゲームは実はダークソウル3が初めてで
ステとか武器とかゲームを進めていく上で常識的なことを何も知らなかった。
パリィとかもね。

だから最初の審判グンダに絶望したw

レベルを上げて挑もうにもグンダを倒さないとレベルを上げられない。
チュートリアルボスってやつだよね。

盗人スタートで短剣の弱さに絶望して騎士に変えたら普通に撃破

それが納得いかなくて盗人でやり直したらまたボコボコにされて
グンダだけで相当な時間使ったよ。
今となっては良い思い出。

パリィを知らない俺氏

パリィ覚えたて。

ちょっと慣れてきた。
第2段階でパリィできるの知らなかった。

失敗もあるけど良くぞここまで上達しましたかって思うw
まあガチで上手い連中に比べたら全然だけど初期の頃に比べたら感無量ですよ。

これでフロムゲーの虜になりました。

ワイは狼

のつもり。

くぅ~ん

Sekiro

楽しかった。
ダクソの時も思ったけどボスとだけ戦えるDLC欲しい。

セキロは普通にゲームを進めていくと
自然と必要なプレイヤースキルってのが身に付いていくものだと思う。
自分の主観ですが。

そういった意味では弦一郎までがチュートリアルって言われているけど納得です。

弾き、見切り、下段回避、雷返しや反撃のタイミングなどなど
それまでにやってきたプレイの集大成とも言える戦いになる。

相手の攻撃が見えるようになってきて対応方法が分かるようになってくると
戦闘がもう面白いのなんのって。

脳汁が出てくるとはこのことですよ。

周回するかどうかは分からんけどとりあえず今は終盤戦に突入しています。
仙峯寺拳法がお気に入り。